本文へスキップ

優良なヘルスソフトウェアの開発をガイドラインでサポート

一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会

一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会のホームページへようこそ。
スマートフォンやタブレット端末などの普及に伴い、医療や健康に係わるヘルスソフトウェア(個人の健康管理・維持・向上目的または、医療の提供に使用されることを意図したソフトウェア)は、多様な環境で使用されるようになってきています。ヘルスソフトウェア推進協議会は、今後、増加が見込まれる法規制対象外で安全へのリスクの考慮が必要なヘルスソフトウェアについて、利用者に優良なヘルスソフトウェアを提供するための取り組みを進めていきます。

当協議会の概要を示したパンフレットはこちら(PDF)

お知らせtopics

適合宣言の登録受付について


GHS開発ガイドライン適合宣言書の登録受付を開始しました。(プレスリリース
詳しくはこちらをご覧ください。

GHSマーク取得推進リーフレット掲載について


企業の皆様にGHSマークを取得していただくことを目的にリーフレットを作成しました。
ヘルスソフトウェアに潜んでいるリスクや、GHSマークを取得された企業の方の声などを取り纏めた内容です。
GHS主催の各種セミナー・講座をご受講いただき、まだ取得されていない企業の皆様をはじめ、GHSマーク取得をお考えの企業の皆様は、是非リーフレットをご一読ください。

2017年 GHS主催・共催セミナーについて


2017年のGHS主催・共催セミナーの予定は次の通りです。詳しくはこちらをご覧ください。
06月19日 東京 IEC 82304-1 解説セミナー 【参加者募集中】
10月(予定) 東京 リスクマネジメント・トレーニング講座【準備中】

新着情報news

 
2017年04月13日
ヘルスソフトウェア開発ガイドラインを理解していただくためのビデオラーニング講座を開設しました。詳しくは、ビデオラーニングページをご確認ください。
2017年03月31日
GHS開発ガイドライン Ver.1.10 を公開しました。(主な変更点:ISO 9001:2015要求を併記)
2017年03月13日
第1回 IEC 82304-1 解説セミナー(06月19日開催)の参加者募集を開始しました。
2017年03月01日
ITEM2017(4/14~16、ブース#402)MEDTECJapan2017(4/19~21、ブース#4700)にGHSブースを出展します。
2017年02月24日
GHSマークの登録が60件に達しました。
2017年02月01日
ITvision No.35に“ヘルスソフトウェアの正しい選び方”という特集が組まれ、有識者による座談会やGHSマーク取得企業の取り組み記事が掲載されました。
2016年10月25日
10月24日に第2回エキスパート・トレーニング講座を開催しました。
具体的な事例で該当性やリスクを考える個人演習が好評でした。
2016年07月01日
映像情報メディカル 2016年7月号にGHSの活動報告記事が掲載されました。
2016年04月04日
GHSマーク取得推進リーフレット掲載しました。
ヘルスソフトウェアに潜んでいるリスクや、GHSマークを取得された企業の方の声などを
   取り纏めた内容です。
2016年01月26日
第2回 エキスパート・トレーニング講座(10月24日開催)の参加者募集を開始しました
2016年01月26日
第5回 リスクマネジメント・トレーニング講座(6月27日開催)の参加者募集を開始しました
2015年08月25日
GHS開発ガイドライン適合宣言実施ガイドを改訂しました。
適合宣言の宣言者の個人名記載と・署名/押印は必須とはしないことに変更しました。
 なお、適合宣言書の書式には変更ございません。
2015年06月29日
第4回 リスクマネジメント・トレーニング講座(10月15日開催)の参加者募集を開始しました
2015年05月20日
一般社団法人インターホン工業会(会長 小河 寿)が団体会員として、当協議会に入会しました。
 ■一覧を見る

一般社団法人
ヘルスソフトウェア推進協議会

〒100-0004
東京都千代田区大手町1-1-3
大手センタービル