個人情報保護方針

一般社団法人 ヘルスソフトウェア推進協議会

1.個人情報について
一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会(以下、「GHS」という)は、スマートフォンやタブレット端末などの普及に伴い、医療や健康に係わるヘルスソフトウェア(個人の健康管理・維持・向上目的または、医療の提供に使用されることを意図したソフトウェア)は、多様な環境で使用されるようになってきています。GHSは、今後、増加が見込まれる法規制対象外で安全へのリスクの考慮が必要なヘルスソフトウェアについて、利用者に優良なヘルスソフトウェアを提供するための取り組みを進めていきます
このため、GHSは、事業活動を通じて取得した個人情報について、個人情報保護に関する関連法令・ガイドラインを遵守し、適切な管理・運用を行ってまいります。
具体的には、GHSが事業活動において、書面、電子媒体、Websiteなどを介して収集した氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、その他の記述により当該個人を識別できるもの(当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより当該個人を識別できるものを含みます)を個人情報保護の対象といたします。

2.個人情報の利用目的
GHSの取得した個人情報は、定款に定める事業の範囲内で、下記目的のために利用いたします。
(1)GHSの報告、その他案内の送付
(2)GHSの総会、理事会、委員会などの案内及び運営管理(※)
(3)GHSが主催するセミナー・講演会、行事等の案内及び運営管理(※)
(4)GHSのホームページの運営管理
(5)GHSの各種資料 (報告書、規格書等)の提供及び頒布
(6)GHSに寄せられた相談及び通報への対応
(7)GHSからの通知事項、アンケート等の連絡及び送付
(8)GHSへの各種申請及び登録手続き、お問い合せ等の対応
(9)その他、当協議会の運営に関する検討及び連絡
※各種会合における名簿の作成、名簿の参加者への配布、各種会合でのネームプレートや座席表での表示等

3.個人情報の第三者への提供
次のいずれかに該当する場合を除き、GHSが収集した個人情報は、第三者へ提供いたしません。
(1)ご本人から事前に同意をいただいた場合
(2)法令に基づき必要と判断される場合
(3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難である場合
(5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
上記に従い、第三者への個人情報の提供を行う場合においても、必要に応じ、その利用目的の制限、その他必要な措置を講じてまいります。

4.個人情報の管理
取得した個人情報については、上記利用目的の範囲内において厳重に管理するとともに、不正アクセス・紛失・滅失・破壊・改ざん・漏洩等を防止するためのセキュリティ対策を講じ、個人情報の管理に関する安全性の確保に努めます。
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、委託先と守秘義務契約を締結するとともに、その取り扱いを管理・監督いたします。

5.個人情報の開示、訂正、利用停止等
GHSが保有する個人情報について、ご本人から当該個人情報の開示、訂正、利用停止等の要求があった場合、合理的な範囲で速やかに対応いたします。

6.個人情報管理体制
GHSは、運営会議議長を総括管理責任者として管理徹底を図ります。

7.お問合わせ窓口
e-mail :

一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会